• トライアル
  • プロフェッショナル
  • エンタープライズ

Biz Checker 製品マニュアル

既知の問題について

未送信メールの再編集について

メールの送信が遅延設定されている場合に、送信トレイの未送信メールをダブルクリックして、再度編集状態にしたのち、「×」閉じるメニューを押した場合、送信トレイの配信指定日時が「なし」と表示された状態になると、配信予定時間を過ぎてもメールが送信されなくなってしまいます。
※「配信指定日時」は初期状態では表示されません。
※本動作は Outlook 側の規定動作です。アドインでは対応できませんでした。

 

仕分けルールでの配信時間設定について

Outlookの「ファイル」-「仕分けルールと通知」メニューから、送信メールの仕分けを定義し、「指定した時間 分後に配信する」で、配信時間が設定されている場合、Outlookはこの設定を優先し、メール画面での配信タイミングの設定を無視しますので、本ソフトウェアの送信保留機能が機能しなくなります。
送信保留機能を有効にするためには、「仕分けルールと通知」設定での「指定した時間 分後に配信する」設定を行わないようにしてください。