• プロフェッショナル
  • エンタープライズ

Biz Attacher 製品マニュアル

パスワードの作成方法

「ホーム」メニューの「Biz Attacher」タブにある「パスワードの生成方法」メニューで暗号化ZIP書庫のパスワードの生成に関する設定を行います。

クリップボードにコピー

生成されたパスワードをクリップボードにコピーします。

自動生成

自動生成がONの場合、下段の「ランダム生成」または「テンプレート」のどちらかの方法でパスワードを生成します。

自動生成がOFFの場合、ファイルの添付時にパスワードの入力を求めます。

確認入力を求めるがONの場合、パスワードの入力に加え、確認用の入力を必要とします。

※パスワード入力では、文字数や文字の種別および混在指定の設定内容に基づいて入力する必要があります。

文字数

パスワードとしての最小文字数と最大文字数を設定します。

文字の種別

パスワードに使用することのできる、文字種を指定します。
・英字:アルファベットの大文字と小文字(l,I,Oを除く)
・数字:数字(1を除く)
・記号:!, #, %, &, _ のいずれか

混在指定がONの場合、使用できる文字種をすべての利用が必要になります。

ランダム生成

パスワードを、指定の文字数の範囲でランダムに生成します。
文字の種別や混在指定がある場合、その指定にしたがって生成されます。

テンプレート

任意の固定文字列と送信時の日時情報から組み合わされる、ルール化されたパスワードを自動的に生成する場合に選択します。
(マクロ文字列を使わない、固定文字列の入力も可能です)

テンプレート文字列には以下のマクロを定義できます。

マクロ 意味
$YY 4桁の西暦 2013,2014
$yy 2桁の西暦 13(2013年の場合),14(2014年の場合)
$MM 2桁の月 01~12
$dd 2桁の日 01~31
$hh 2桁の時 01~23
$mm 2桁の分 00~59
$ss 2桁の秒 00~59
$NN 3文字の月の略号 JAN,FEB,MAR,APR,MAY,JUN,JUL,AUG,SEP,OCT,NOV,DEC
$Nn 3文字の月の略号 Jan,Feb,Mar,Apr,May,Jun,Jul,Aug,Sep,Oct,Nov,Dec
$nn 3文字の月の略号 jan,feb,mar,apr,may,jun,jul,aug,sep,oct,nov,dec
$WW 3文字の曜日の略号 SUN,MON,TUE,WED,THU,FRI,SAT
$Ww 3文字の曜日の略号 Sun,Mon,Tue,Wed,Thu,Fri,Sat
$ww 3文字の曜日の略号 sun,mon,tue,wed,thu,fri,sat
$rx 任意の4桁の16進数文字列 14ce,3ab9など0000~7fff(乱数による生成)

 

テンプレート文字列と生成される暗号の例を以下に示しますので参考にしてください。
(メールが、2016年12月9日(金曜日)13時4分45秒に送信される場合とします)

テンプレート文字列 生成される暗号
sea$YY$MM$ddsoft sea20161210soft
test$dd$NN406$WW2244 test10DEC406FRI2244
sample$YY$nn$ddcrypt$rx sample2016dec10crypt39af(例)

テンプレート指定での自動生成では、文字数、文字の種類、混在指定のルールは検査されません。

テンプレートを利用する場合は、特定の受信者に対して事前にパスワードのルールを通知しておくことで、パスワードを都度送信する必要がない点で安全です。