• プロフェッショナル
  • エンタープライズ

Biz Attacher 製品マニュアル

ファイルの添付設定

「ホーム」メニューの「Biz Attacher」タブにある「ファイルの添付設定」メニューでファイルの添付に関する設定を行います。

Ctrl キー動作

送信メールウィンドウの添付やエクスプローラからのドロップでファイルを添付する際に、[CTRL]キーの状態をみて圧縮動作の挙動を変えることができます。これには以下の選択肢があります。

  1. 無視
    [CTRL]キーの状態を判断しません
  2. そのまま添付
    デフォルトの添付形式が「ZIP書庫」「暗号化ZIP書庫」の場合であっても、[CTRL]キーが押されている場合はファイルを「そのまま添付」します。
  3. Ctrl で圧縮
    [CTRL]キーを押しながらファイルが添付された場合にデフォルトの添付形式で添付します。[CTRL]キーが押されていない場合、「そのまま添付」されます。

 

添付方法を毎回確認する

この設定をONにするとファイルが添付される都度、添付形式を選択する画面が表示されます。

デフォルトの添付形式

通常運用の場合、添付ファイルをどの形式で添付するのかを
・そのまま添付
・ZIP書庫
・暗号化ZIP書庫
のうちから選択しておきます。
※「添付方法を毎回確認する」がONの場合、デフォルトの添付形式が選択された状態で問い合わせを行います。

書庫ファイルの拡張子を変更する

一部のメールサーバーで添付ファイルの拡張子が実行形式であったり圧縮形式であるものを除外するになっているケースに対応するために用意しています。ZIP書庫の拡張子を変更して添付できます。

ファイルの添付漏れを検査する

この設定は、ファイルを送ろうとしたメールで添付し忘れてしまうケースを未然に防ぐための設定です。

メールの件名または本文に登録された言葉が含まれていて、添付ファイルがない状態の場合、送信を続けるかどうか確認します。

追加ボタンで、添付漏れ検査をする語句を追加します。
編集ボタンで、選択語句を編集できます。

削除ボタンで、選択語句を削除します。