• プロフェッショナル
  • エンタープライズ

Biz Attacher 製品マニュアル

自動解凍機能

自動解凍機能では、メールに添付されたZIPファイル、暗号化ZIPファイルを自動的に指定フォルダに解凍しさらにそのファイルを開くことができます。
リボンメニューの「ホーム」タブおよびメール送信ウィンドウに、「添付ファイルを保存して開く」メニューが追加されます。

自動解凍手順

メニューを選択すると、添付ファイルの保存先フォルダーを指定する画面が表示されます。

メールの添付ファイルが複数ある場合には、事前にどのファイルを解凍するのかを選択する画面が表示されます。



ZIP書庫、暗号化ZIP書庫の場合、自動的に解凍したファイルが指定のフォルダーに作成されて、自動的に開きます。



自動解凍の詳細

自動解凍機能は、同一のアクティベーションコードでご利用のユーザー間のメールの場合に暗号化ZIP書庫が添付されていても、パスワードを入力することなくファイルを展開することができます。
同一のドメインや同一の組織で利用することで、組織内の暗号化添付ファイルでの運用飛躍的に向上させることができます。

ご契約のライセンスと異なるライセンスユーザーは、自動解凍機能を利用できませんので、必ずパスワードの入力が必要です。

(自動解凍機能では、パスワードの入力が2回まで問い合わせられます。)

ZIP書庫、暗号化ZIP書庫の自動展開に失敗した場合は、通常の保存処理として添付ファイルが保存されます。
展開先にすでに同盟のファイルがある場合には、上書き確認のメッセージが表示されます。

展開後のファイルは、Windows で関連付けられたプログラムで開かれます。

注意事項

自動解凍機能を有効にするには、Biz Attacher メニューの「その他の設定」で「自動解凍機能を利用する」をONにしておく必要があります。

トライアルライセンスでは、自動解凍機能は提供されません。